与太がらすNPO法人 熊野生流倶楽部 スタッフの雑記帳です。気楽にお読み下さい ∈^0^∋
【熊野塾瓦版】スタッフからの熊野塾報告。
【日々雑感】スタッフからのメッセージ。
【与太話】スタッフのクダラナイおはなし。
【ツアー・イベント報告】その名の通のもの。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
記者発表会&交流会 21:25
0

    今回の三重県観光・記者発表会&交流会には、東京会場は、41事業者が出展、約330名のメディア等の方が参加、大阪会場は、45事業者が出展、約200名のメディア等の方が参加されたようで、三重県観光は、平成25年の伊勢神宮式年遷宮、平成26年の熊野古道世界遺産登録10周年などに向けてとても積極的だ。

    会場で、伊勢内宮前のおかげ横丁の関係者と話しをしたが、土日、祝日、平日に関わらず、とにかく人が凄いらしい…。10年ほど前、妻と付き合いだして間もない頃に、一緒に伊勢を訪れ、おかげ横丁にも行ったがそんな様子はなかったのに…。

    多くのお偉い方々がおられる中で、お話しをして特に興味深かったのが「海女さん」。名前は知らない。この方は随分と海女さん歴が長いようで色々と話してくれた。結構お年を召されている感じだったが、肌はきれいで、目もきれいで、とにかくエネルギッシュ!海女さんは、伊勢えび、あわび、さざえ、とかだけを獲っているのかと思っていたが、この方は銛で魚を突くらしい。右手には「銛」、左手には伊勢えびをはさむ「ハサミ」を持ち、状況に応じて使い分けるみたい。現場で試行錯誤されながら、ここまでやってこられた方の言葉だけあって、自信に満ち溢れ、妙に説得力があった。【S】


    | 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by kumanoseiryu - -
    伊勢と熊野 19:09
    0

       第71回熊野塾は「熊野古道伊勢路の絵解き」をテーマに、明治大学法学部教授の林雅彦先生にお話し頂きました。
       熊野古道伊勢路は世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の参詣道のひとつで、昔から言われる「伊勢へ七度、熊野へ三度」の伊勢と熊野を結んでいます。平成25年には伊勢神宮で20年に一度の式年遷宮があり、また紀勢自動車道も着々と南へ延びており、今後「伊勢と熊野」がどのように盛り上がり、どのように繋がっていくのかが楽しみだ・・・。【S】

       

      | 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by kumanoseiryu - -
      熊野被災地活動 16:58
      0

         平成23年9月の台風12号による紀伊半島の被害は甚大で、地元のおじいさん、おばあさんが「こんな事は今までなかった・・・。経験したことがない・・・。」と、口を揃えられるほど・・・。今年3月に東日本大震災があり、その後に根の国・熊野という事で色々と考えさせられる出来事でした。

         5月に開催された熊野塾では、東日本大震災後の現地の状況、活動について、NPO法人プレジャーサポート協会、ACTION(大阪大学の学生を中心とした被災地ボランティアのプロジェクト)のメンバーの方々にお話し頂き、これらの団体は継続的に東北での活動を続けておられ、熊野が台風被害を受けた後は、熊野でも活動を展開されています。 

         ボランティアメンバーが熊野入りされるという事で、以前から親交のある熊野の地元住民の方々にもボランティアの受け入れ、送迎などの協力をして頂く事により、交流も活発になり、少しずつ輪が広がっています。被災地ボランティアだから、瓦礫撤去、泥出し・・・というだけでなく、その地域の「人、もの、こと」にも触れられているようで、これも素晴らしい事ではないかと感じています。 【S】 
         
         各団体の活動は継続予定ですので、詳細は以下のホームページをご覧下さい。
        ◆NPO法人プレジャーサポート協会: http://www.psa.or.jp/
        ◆ACTION students' project for 3.11: http://www.actionspf311.org/index.html
        ◆天人元気届隊: http://amanto.jp/index.php/groups/genkitodoke/

                                       
           

        | 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by kumanoseiryu - -
        | 1/1 |