与太がらすNPO法人 熊野生流倶楽部 スタッフの雑記帳です。気楽にお読み下さい ∈^0^∋
【熊野塾瓦版】スタッフからの熊野塾報告。
【日々雑感】スタッフからのメッセージ。
【与太話】スタッフのクダラナイおはなし。
【ツアー・イベント報告】その名の通のもの。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
天災無情・・・! 12:30
0

     未曾有の大災害・・・東北地方太平洋沖地震で被災された、皆さんの安否と町の復興を、ただただ祈るばかりの日々である。


     ちょうど12日午後3時頃ヘリからの第一報の地震直後の映像を、リアルタイムで見た時、大津波が町や橋、田畑や家屋を、飲み込みながら遡上し、津波のすぐ先に逃げ惑うクルマも、走る人々も次々と道を失い波に姿を消していたのだ。


     「ああー!何てことだ・・・!なんて、自然は無情なるものなのか!」


     あまりにも目を覆うような悲惨な情景に「辛卯」の「何が起こっても不思議じゃ無い」この切羽詰まった時勢を思い起す。


     全国一を誇る二重のスーパー堤防を軽く超える大津波、出荷を待つハイブリッドの新車群が、燃え尽きて流された無惨な姿、見る見る二階まで水に飲み込まれ、崩壊しながら流される耐震住宅!


     我々人類文明は、いつも自然に対抗するカタチで、今まで生き延びて来たが、根こそぎの壊滅を目の当たりにして、あらためて人工の知恵の浅はかさを嘆かざるを得ない。


     また、追い打ちをかけるように、さらに原発の見えない放射能の津波が押し寄せているが、原子エネルギー次元の災害に、原始的に水をかける事しかできない現実に、生み出したものへの創造責任が問われている。


     「辛い卯の年」・・・すべては我々のこころの内側の現れとして、一人ひとりがこころの内奥にしっかりと受け止め、我が事として真摯に自らを省みるようにしなければならない。


     今日も被災地には、無情の雪が舞っている・・・・九拝合掌【卍萬爺】


    | 日々雑感 | comments(1) | trackbacks(0) | posted by kumanoseiryu - -
    Comment








    本当に「人工の知恵の浅はかさ」を見せつけられました…。
    これからは価値観を変えるしかないですね…。
    posted by sano | 2011/03/24 4:30 PM |
    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://blog.kumanoseiryu.net/trackback/985680
    << NEW | TOP | OLD>>