与太がらすNPO法人 熊野生流倶楽部 スタッフの雑記帳です。気楽にお読み下さい ∈^0^∋
【熊野塾瓦版】スタッフからの熊野塾報告。
【日々雑感】スタッフからのメッセージ。
【与太話】スタッフのクダラナイおはなし。
【ツアー・イベント報告】その名の通のもの。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
右折優先/直進禁止 15:30
0

     日本列島に緊張が走った、超大型台風6号(そのアジア名を「Ma-on」と言う)の移動するその進路は、不思議なカーブを描いた。


     南海から四国・剣山を、まっすぐに目指して北上し、高知・室戸岬沖で足踏みし、北上をやめて直角に近く右折!しかし気になる徳島の阿波の国に、ちょいと挨拶に上がって紀伊水道を東へ行ったものの、眼前の紀伊半島には「や・は・り」上がれない。


     潮を巻き上げながら「禊」にやってくる水の龍は、熊野・玉置山を横目に見ながら、紀伊半島南端の潮岬沖を、一路東の海上へかえっていった。


     目に見えない気圧のバランスも背景にあるが、久しく紀伊半島に台風が上陸した事が無い。

    先の時の記念日を経て、熊野三山の結界「玉石」がその生命波動の振動数を上げて、日本に秘められた「玉置山ー剣山ー千が峰トライアングル」のバリアーが、「まあ〜ON」になっているからだけどね。【卍萬爺】


     


    | 日々雑感 | comments(1) | trackbacks(0) | posted by kumanoseiryu - -
    Comment








    「古事記」「日本書紀」については多くの方々が、色々な切り口で解釈されたものがありますが、満仲さんの考える(解釈される)「記紀」について、一度聞いてみたいなぁ・・・、という思いはあります。
    玉置神社の国之常立神なども「記紀」での位置づけなどを知れば、皆さんの興味も一層深まるのではないでしょうか?
    もちろん玉石に関しても同様だと思います。
    posted by sano | 2011/07/26 10:26 PM |
    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://blog.kumanoseiryu.net/trackback/985691
    << NEW | TOP | OLD>>