与太がらすNPO法人 熊野生流倶楽部 スタッフの雑記帳です。気楽にお読み下さい ∈^0^∋
【熊野塾瓦版】スタッフからの熊野塾報告。
【日々雑感】スタッフからのメッセージ。
【与太話】スタッフのクダラナイおはなし。
【ツアー・イベント報告】その名の通のもの。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
あの世とこの世 00:26
0

     二上山の山頂付近には大津皇子の墓?がある。この人の墓は何故こんなところにあるの?何か不自然だ…。仮に言い伝えられている通りだとしても…。
     大津皇子について、またその「死」については諸説あるが、天智、天武、持統、壬申の乱、記紀神話…等々、この時代の荒波にのまれてしまったのだろうか…。麓に大津皇子に関しての案内板のようなものがあった。そこの文章の最後に「今、大津皇子は、二上山の山頂で安らかな永遠の眠りについておられます。」とあった。何の根拠もないが、安らかには眠っていないと思う。
     ある方から聞いた話。葛城山脈を境として、河内はあの世、大和はこの世だと…。頂上からは河内方面も大和方面も見れるのに、なぜ下から両方が見れないのか?【S】  
     

    | 日々雑感 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by kumanoseiryu - -
    Comment








    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://blog.kumanoseiryu.net/trackback/985700
    << NEW | TOP | OLD>>