与太がらすNPO法人 熊野生流倶楽部 スタッフの雑記帳です。気楽にお読み下さい ∈^0^∋
【熊野塾瓦版】スタッフからの熊野塾報告。
【日々雑感】スタッフからのメッセージ。
【与太話】スタッフのクダラナイおはなし。
【ツアー・イベント報告】その名の通のもの。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
熊野 23:20
0

    みなさんにとっての「熊野」ってどういうものですか?
    どういう位置づけですか?
    ふと思いましたので聞いてみました。【S】

    | 日々雑感 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by kumanoseiryu - -
    「熊野への感謝を伝えるコンサート」 22:00
    0

      先日のチャリティーイベント「いっしんふらん」にて、素敵な音楽をお聞かせ下さりました、hataoさん、上原奈未さんが熊野でコンサートを予定されています。入場は無料です。

      お二人の音楽の魅力を文章では伝えきれませんが、特に生演奏はすばらしいので、熊野のみなさん、この機会をお見逃しなく!!【S】

      hataoさんのサイト http://www.irishflute.info/

      ※以下コンサート案内より

      「熊野への感謝を伝えるコンサート」

      熊野を愛する京都在住のケルトの笛奏者hataoとピアノ&ハープ奏者上原奈未によるコンサート。

      多くの経験をさせて頂いた熊野の自然に感謝を伝え昨年の台風12号で被災した地域の皆様に少しでも元気になって頂ければ幸いです。

      イギリス、アイルランドの伝統的な曲や熊野を舞台に制作したCD「縁−enishi−」からの自作曲などで優しく楽しい時間をお届けします。

      【出演】
      hatao(ケルトの笛)
      上原奈未(ピアノ、アイリッシュ・ハープ)

      【演目】
      熊野の春に捧げる「いぶき」
      アイルランドやスコットランドのダンス音楽
      楽しい笛手品 ほか

      1、古い木造の小学校
      【日時】2012年4月14日(土)18時〜19時まで
      【会場】パン工房木造校舎
      和歌山県新宮市熊野川町西敷屋1022 旧敷屋小学校  ※駐車場あり

      2、那智の滝のそばの小学校
      【日時】2012年4月15日(日)午前10時〜11時まで
      【会場】市野々小学校3階 音楽室
      和歌山県東牟婁郡那智勝浦町市野々2604  ※駐車場あり

      3、熊野川の河口の小学校
      【日時】2012年4月15日(日)14時〜15時まで
      【会場】成川小学校 体育館
      三重県南牟婁郡紀宝町成川632  ※駐車場あり

      | イベント情報 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by kumanoseiryu - -
      ブログ 23:47
      0
        私の知り合いのブログです。
        アドレスを載せようかどうか考えましたが載せます。
        http://ameblo.jp/ichigo-xxx/

        真正面からこれに向き合えますか?

        この方は本当に面白い方で僕が好きな数少ない方の一人です。【S】

        | 日々雑感 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by kumanoseiryu - -
        降伏と信頼 13:12
        0

          去年の春にある方と出会った。

          色々とお話しする中で感じた。この方には勝てないと…。

          真正面から向き合うと自分が追い込まれていく恐怖感がでてくる。
          向き合いながらも「勝てない…」と感じているんだと思う。
          でも不思議と悔しさとか憎しみとかそういう感情は生じない。

          この方のお話しには理論的にも一切矛盾がない。感情的にも腑に落ちていく。

          感情というのはすごいものだと思った。一切ごまかしがきかない。

          今まで「これはいけないものなのか…。それではなんでこんな感情が存在するのか…。」と随分と悩んだ。
          全てを受け入れてくれた。嬉しかった。安心した。

          この方には絶対に勝てない、と自覚していくと、この方に対しての信頼感が生まれてきた。

          100%の降伏は、100%の信頼がないと成り立たないもので、「全面降伏」=「絶対的信頼」はコインのように裏表の関係で、同じものだと思った。

          今は妙な安心感がある。【S】

          | 日々雑感 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by kumanoseiryu - -
          一週間後 20:12
          0

            チャリティーイベント『いっしんふらん』まで、あと一週間となりました。

            さぁ、どうなるのでしょう?【S】

            | イベント情報 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by kumanoseiryu - -
            八咫烏 02:38
            0

              チャリティーイベントグッズの一つ、リストバンドがもうすぐできるみたいです!
              Tシャツ、ストラップに続き、これもなかなかですよ!

              ちなみに画像はタオルです。イベント会場にて販売します。

              黒ええなぁ〜、浅井さん、なんぼですか?【S】


              | イベント情報 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by kumanoseiryu - -
              八咫烏 04:16
              0

                八咫烏(ヤタガラス)のストラップです。
                キーホルダーとしても使えるかな?

                どこで手に入るんでしょう?【S】







                | イベント情報 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by kumanoseiryu - -
                八咫烏 22:55
                0

                   このTシャツ良くないですか?熊野の八咫烏(ヤタガラス)です。


                  これは来月に開催予定のチャリティーイベント「いっしんふらん」に向けて、主催者の伯舟庵・浅井将皓(しょうはく)さんがデザインされたものです。打ち合わせで話が出て、少ししたら浅井さんから「これでどう?」とデザイン案が出てきて、また少しして「できたで〜」とTシャツになりました。「さすがプロやなぁ〜」と感心してるとこです。

                  個人的に八咫烏が好きで、ずっと前から「八咫烏のピンバッジが欲しい、カフスが欲しい!」と好き勝手言ってたんですが、浅井さんやってくれへんかな…。高いやろな…。

                  以前、浅井さんのアトリエにお邪魔した時に「蔵王権現」のTシャツがあって、修験に興味があったこともあり、それに一目惚れしたことがありました。蔵王権現のTシャツなんて見た事もなかったし、デザインが絶妙で…。蔵王権現をTシャツにするという所が良いんですよね…。わかる人はわかるでしょ?

                  奥さんの香舟(かしゅう)さんは、バシッ!と仏画とか描かれるし、すごいご夫婦です。うちみたいに夫婦揃って全く絵心がなくて、お互いの書いたものをけなし合うのとはわけが違います…。

                  このTシャツはチャリティーイベント終了まではチャリティー価格で販売され、売上げは熊野への義援金・イベント協賛金となります。チャリティー価格での販売数には限りがありますので、是非ともお早めにご購入を!

                  ◆ヤタガラス・Tシャツ◆
                  チャリティー価格:1,800円
                  カラー:「ブラック」「ホワイト」
                  サイズ:「S」「M」「L」「XL」

                  ◇注文・問い合わせ先◇
                  伯舟庵  
                  Tel:072-438-8224 
                  Fax:072-438-6243
                  E-Mail:
                  asai@hakushu-an.co.jp
                  http://www.hakushu-an.co.jp/

                  今回のイベントではもう一つ、八咫烏のリストバンドもあります。まだ予定の段階なので、事前に購入できるのか、イベント当日にしか購入できないのか、はっきりしてないんですが、これも浅井さんのデザインで絶妙なんです。

                  これは東北や熊野の被災地支援活動だけでなく、幅広く活動を展開されている「NPO法人プレジャーサポート協会」さんのご協賛により進めていただいてます。馬場理事長はじめ、PSAの皆さん、ありがとうございます!

                  NPO法人プレジャーサポート協会:http://www.psa.or.jp/

                  リストバンドについても詳細がわかり次第、ご報告させていただきます。【S】

                  | イベント情報 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by kumanoseiryu - -
                  生流 23:30
                  0

                     「水」というキーワードが去年から頭にある。

                    頭にあったかと思えば、消えて、また出てきて・・・、これを繰り返している。

                    三週間ほど前の話・・・。

                    「水って聞いて何か感じませんか?何か思いませんか?」と、1人で考えてても仕方がないから、ある方に聞いてみた。

                    「水と聞くと「つなぐ」とか思うなぁ〜。」と、答えてくれた。〈つながり〉〈つながる〉とかも言ってたっけ…?

                    家に帰り、布団に入り、眠れずにいた朝方に、数時間前の「水」の話しを思い出した。

                    「水、つなぐ、つながり、水、つなぐ、水、つながる…。」と、頭の中で堂々巡りしていた。

                    「生流」と、浮かんだ。

                    NPO法人熊野生流倶楽部の「生流」。

                    辞書に載っていない「生流」。

                    「熊野生流倶楽部は熊野の川の研究でもされているんですか?」などと、「清流」とよく間違えられる「生流」。

                    今まではこの「生流」が腑に落ちる事はなかった。

                    「妙にしっくりくるな、合うな」と、この時は思った。

                    だから何なのかは自分でもわからない。【S】

                    | 日々雑感 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by kumanoseiryu - -
                    記者発表会&交流会 21:25
                    0

                      今回の三重県観光・記者発表会&交流会には、東京会場は、41事業者が出展、約330名のメディア等の方が参加、大阪会場は、45事業者が出展、約200名のメディア等の方が参加されたようで、三重県観光は、平成25年の伊勢神宮式年遷宮、平成26年の熊野古道世界遺産登録10周年などに向けてとても積極的だ。

                      会場で、伊勢内宮前のおかげ横丁の関係者と話しをしたが、土日、祝日、平日に関わらず、とにかく人が凄いらしい…。10年ほど前、妻と付き合いだして間もない頃に、一緒に伊勢を訪れ、おかげ横丁にも行ったがそんな様子はなかったのに…。

                      多くのお偉い方々がおられる中で、お話しをして特に興味深かったのが「海女さん」。名前は知らない。この方は随分と海女さん歴が長いようで色々と話してくれた。結構お年を召されている感じだったが、肌はきれいで、目もきれいで、とにかくエネルギッシュ!海女さんは、伊勢えび、あわび、さざえ、とかだけを獲っているのかと思っていたが、この方は銛で魚を突くらしい。右手には「銛」、左手には伊勢えびをはさむ「ハサミ」を持ち、状況に応じて使い分けるみたい。現場で試行錯誤されながら、ここまでやってこられた方の言葉だけあって、自信に満ち溢れ、妙に説得力があった。【S】


                      | 活動報告 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by kumanoseiryu - -
                      << | 2/30 | >>